家のトラブルを未然に回避できる外壁塗装|優良業者の選び方を伝授

作業員

必要な施工

外壁塗装は家を長持ちさせるために、必須の施工です。外壁塗装を行う事で、壁の保護に繋がります。何もしなければ壁の塗膜が劣化し、雨もりや柱が腐るなどのリスクが高まります。これでは、余計なリフォーム代がかかってしまうでしょう。

手

費用の相場を確認

京都は寒さが厳しい地域という事もあり、凍害による外壁の劣化が気になります。凍害対策として、おすすめなのが外壁塗装です。人気のシリコン系塗料の場合、80万円から150万円程度が平均相場となっています。悪徳業者を避ける為に、依頼する前にしっかり業者を吟味する準備が必要です。

人形

サイディングボードの寿命

塗り壁よりも厚みの少ないサイディングボードが多く使われている横浜では、強度を高めるための外壁塗装がよく行われています。外壁塗装では、亀裂を埋めた上で全体に塗膜が張られるので、サイディングボードの寿命が長くなるのです。塩害に強いガラス系塗料を選ぶことも可能ですし、色合いも好みで選択できます。

多いトラブルを確認

ペンキ

色選びは慎重に行おう

静岡は比較的気候が穏やかで、住みやすい地域と言われています。ですが、人にとって住みやすい静岡も家にとっては、意外とダメージが加わるような環境となっているようです。静岡でも海沿いは塩害の被害に見舞われます。また、静岡県は日照時間も長い事から、紫外線による外壁ダメージは避けられません。このような外壁へのダメージを抑えるには、外壁塗装を施す必要があります。ただ、外壁塗装を行ったが故に、業者との間でトラブルになったというケースもあるようです。静岡で外壁塗装を行う場合、どのようなトラブルが起こりやすいのか確認しましょう。業者間でトラブルとなりやすいのが「色選びの失敗」です。いざ、塗装し終わった家を見て「色がイメージと違う」と、感じる方は意外と少なくありません。業者としては施主が指定した色で塗装を行っている事もあり、トラブルになってしまうようです。このような外壁塗装のトラブルを避けるには、色選びを慎重に行う必要があります。ただ単に好きな色を選ぶのではなく、街並みや環境に合った色を選ぶようにしましょう。例えば、川沿いなど外壁が汚れやすい環境にある家の場合、グレーなど汚れが目立ちにくい色がおすすめです。また、色見本を確認するなどして、仕上がりのイメージを明確にする事も色選びで失敗するのを回避出来ます。小さい色見本の場合、全体をイメージする事が難しい為、A4サイズ程の大きさの色見本で確認するのが良いでしょう。